So-net無料ブログ作成
検索選択

受精確認

2時半に培養室へ電話。

1度で繋がりかわいい声の培養士さんが、

「今回は異常受精で培養を中止しました」

と、教えてくれました。

核が3個見えるからダメだそうです。


すぐに旦那へ電話。
「しょうがね~よ」と言ってました。


道のりはやっぱり険しいんだなぁ・・・


nice!(0) 

D17 採卵

あ、前の記事、1個訂正です。
今日聞いたら、D15は13.5mmではなく、16mmだったということでした。


今日は7時40分に病院に来るように病院から指示を受けたので、6時30分に家を出ました。
旦那の精子は持ち込みだから、朝、6時前に取ってとお願いした。



無麻酔での採卵。。。検索すると痛いという情報もたくさん出てきた。
こ、こわい。

受付を済ませるとすぐに採卵室に通される。
20分ほど待ってると、名前を呼ばれ、あれよあれよと作業され、
「チクっとしまーす」といわれたけど、何も感じず(^_^;)
す、すごい、技術だ。
画面を見ていると、卵胞がしゅるしゅるしゅる~って吸い取られてるのがわかった。
その後、培養師さんたちの「リンス~」って言葉と「1個でーす」って言葉が聞こえた。
よかった、無事に取れたらしい。

その後、止血の作業。これが採卵より痛いんじゃないだろうか。
でも、そんなに痛くないけどね。

んで、ベッドに横になっててと言われ、横になってるとすぐに看護師さんが「排卵数 1個」と書かれている紙を持ってきてくれた。
よかったぁ・・・心から安堵した。

でも、早発の私はもし卵が出来ても「未成熟卵」の可能性が高いと、1番始めの受診で言われた。
だから顕微でやることになるでしょう、と説明を受けていた。

きっと未成熟だな、と思っていたら、

そしたらなんと!!!!

成熟卵(M)でした!!!!

すっごいビックリしちゃいました。

しかも、「ふりかけでやります」って言うじゃないですか。

あ~、びっくりでした。


ミラクルが起こりっぱなしです。

このミラクルよ、妊娠までずっと続いてくれ~(><)

明日の受精確認。。。。。ドキドキしすぎる。

でも、もし受精してても、次は分割が待っている。

スーハースーハー、落ち着け私。
nice!(0) 

D15 奇跡

今日はプラノバールを5日飲んでの受診でした。
本当は昨日行こうと思ったのですが、指定された11日の今日行きました。

な、なんと[exclamation]卵1個育ってました[exclamation]
かなりびっくりした。

数値もすこぶる良いです。

E2 213  LH26.2  FSH 29.7 P4 0.3

卵ちゃんが多分13.5mm

すごーーーーい!!

先生が「奇跡です!あなたが卵が大きくなるのは本当に奇跡的な事だと思ってください。人生最後の卵かもしれません」

と、言ってました。

月曜が採卵日です。

けど、仕事です。

先生は「親を病気にしてでも仕事を休んでください」とのこと。

それだけ貴重な卵ちゃんということです。

今日の夜にスプレキュアを夜中の0時と1時に点鼻し、
明日はボルタレンという座薬を夕方と6時と夜中の0時に入れます。

採卵のチャンスなんて訪れないと思ってたのに、本当に奇跡だ。

でも、空胞だったら。。。でもその時はその時だ。

あ~ドキドキする。
nice!(0) 

D10日目受診

今日のホルモン値は最悪だった[バッド(下向き矢印)]

E2 65  LH 25.2  FSH 60.1  P4 0.4

セロフェンでFSHの値が急上昇している。
わたし、昨日セロフェンじゃなくて、間違えてセデスハイ飲んでた。鎮痛剤だし・・・
ま、飲んでもどうせダメだったから、いっか。

今日の内診の結果は、卵胞まったくみえませんでした[exclamation]
いままで自分の卵胞を見たことがないです。

はぁ~、今日も「厳しい状況です」って何度も言われたし。
自分でよくわかってるよ~。
帰りにダンナに電話して「もう無理かも・・・」って言いました。


今日処方されたのはブラノバール12錠

これはソフィアAと同じピルですが、リセットではありません。
このブラノバールでもう1度FSHを下げて、卵胞を出現させちゃおうという作戦なのです。
ま、医師の口ぶりからは、飲んでも厳しいよって雰囲気でしたが。。。

いつも無表情の医師が今日は何だか優しくて、、、笑顔まで見せちゃったりして、
あまりに私がダメダメでかわいそうになったんだろうか。

いやぁ、今日の採血2度刺されて痛かった[あせあせ(飛び散る汗)]
あの病院の採血はいつもプロフェッショナルですごい上手な人ばかりなんだけど、
今日はちょい痛かった[たらーっ(汗)]

次は11日って言われたけど、10日でも良いって言ってもらえたので、
10日に行ってきます。

期待すると、ヘコむので期待しません。
諦めの気持ちが半分以上。
ダンナに赤ちゃんを抱かせてあげたい・・・
この気持ちだけです、今は。
nice!(0) 

治療記録

平成22年10月18日、10ヶ月生理が来ず、不妊治療病院へ行く。

平成22年 10/18
E2 55  LH2 74.4  PROG 0.3  FSH 95.2  B-HOG 2.2  PRL 11.5

ここで、早発閉経と言われる。
不妊治療の最高峰をいわれている病院。
ここに来ればすぐに妊娠出来ると思ったのにまさかの宣告。
卵子提供も視野にいれるよう言われ絶望的になる。 

ソフィアA 12錠処方  

ソフィアAは異常に眠くなる。




平成22年11月4日
2度目の病院。

D3の数値  E2 64  LH2 22.5  FSH 43.4

採卵にチャレンジするか聞かれる。
この数値じゃ・・・と今月は諦める。

ソフィアA 21錠処方




平成22年11月29日

3度目の病院

D3の数値  E2 73  LH2 5.8  FSH 8.8

劇的に良い数値。
この間は処置室に呼ばれて入るやいなや「どうしますか?採卵に挑戦しますか?」
だったのに、今回は「良い数値です。挑戦しましょう」と言われる。

セロフェン 10錠

この薬を飲むと吐き気がする。。。



とりあえず今はここまで。

これから病院に行ったらまた記録する。









nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。